マイクロメセナ MICRO MECENAT

マイクロメセナ

マイクロパトロンクラウドファンディングシステム

マイクロメセナとは?

マイクロメセナとは、現代アートに特化したマイクロ・パトロン・プラットフォームです。
クラウド・ファンディングのコンセプトを応用し、一つのプロジェクトや作品に多くの人が関わることの出来る仕組みをつくりました。
「メセナ」とは、ローマ時代に詩や芸術を擁護したことで知られる実在の人物、"マエケナス"を語源とするフランス語から来ています。 「芸術文化を擁護する人」を意味しますが、マイクロメセナではもっと広く拡大した意味でこの言葉を定義します。メセナ=アートにコミットする人。マイクロメセナは、キュレーターもコレクターもアーティストもそれぞれが主役のプラットフォームを目指します。

あなたへのリターンは?

・ 制作の秘密
・ 作品への優先的なアクセス
・ 少し特別なプレゼント(作品の部品)
といったものです。
あなたへのリターン
各プロジェクトには、プロジェクト期間が設定されています。
パトロンのみなさまは、"ちいさな"パトロン、または"ちいさな"コレクターとしてもっとアートを楽しみ、作家はその創作活動の報酬を受け取る、両方にメリットのある仕組みです。
アーティストのみなさま、新しいアートの形をマイクロメセナで追究してください。
パトロンのみなさま、キュレーターとして、大好きなアーティストをプロデュースしてください。
企画を随時受け付けております。こちらから


・手に入れることの出来るリターンおよび「作品」の内容は、プロジェクトごとによって異なります。各プロジェクトの詳細情報をごらんください。
・プロジェクト期間終了後は、作品の一部をアーカイブでご覧になることが出来ます。 最終的なマイクロメセナの数、集まった金額の報告も、このページでご覧いただけます。
・Paypalでのお支払いに対応しています。利用方法についてはこちらをご覧ください。
・企画を随時募集しています。
企画を随時受け付けております。こちらから

Topへ

Office de H 代表メッセージ 東出菜代

2012年8月

「メセナ」= アートにコミットする人

インターネットやソーシャルメディアのめまぐるしい発達により、アート分野にも革命的な動きが生まれて来ました。フランスのルーヴル美術館は、世界にさきがけてサイト上にクラウド・ファンディング(多くの個人から少額ずつ資金を集める手法)を取り入れ、作品の購入費を広く個人から集めることに成功。それは、美術作品との新たな関係のはじまりでした。作品の直接的所有ではなく、共有するための方法、個人的に作品に「愛着」を感じ、作品に「attatch(くっつく)する」非物質的なアプローチ。
それは、一人の多額の資金提供者に多くの作品が所属するという世界が、逆構造=ひとつの作品に多くの人が所属するという大きな変化の始まりでもあるようです。

このような社会変化の動きをうけて、等身大の個人メセナの意義やそれが果たす役割に、期待と注目が集っています。例えば、個人コレクターの視点がこれほどまでに重要視される時代はありませんでした。コレクターの視点から見るアート — それはキュレーターが見るそれとはまた違う、非常に個人的で、愛着や思い入れがあり、一人の人間の人生が反映された、特別なアートヒストリーです。これまでと違うのは、特別なお金持ちではない一般の人々に、その役割が求められていること、またそのような等身大のメセナがこれからの主役になる時代が来ています。

作品を購入する、このことが創造行為として受け取られることはめったにありません。しかし実際には、アーティストと同等のコミットメントで、作品の価値を認め、彼らとともに価値の創造に取り組むのがメセナです。

お金を介して、ひとつの作品の価値を多くの人と共有することが可能になりつつある今日、全ての人が「マイクロメセナ」として、作家とともに創造の道を切り拓くことが期待されています。
アートは誰にとっても関係のあるもの。これからの新しい等身大のアートとの関わり方は、メセナとなり、コレクターとなり、アートにコミットすることです。当事者性が生まれ、作品が自分ごとになる、最もエキサイティングなアートとの関わり方です。

アーティストのストーリーに「ちいさく」からでも関われるよう、
マイクロメセナという名称にはそんな思いを込めました。

アートは人間の感性がどこまでも自由であることを思い出させてくれるものです。そして自由な感性を認める国は、奥深くて豊かです。

全てのひとにアートは開かれています。
私達の全てが文化の担い手です。

キュレーターも、コレクターも、アーティストも
それぞれが主役のプラットフォームを目指して。

アーティストと新しい価値観の創造に挑戦するキュレーターの参加もお待ちしています。お問い合わせへ

団体名 :
オフィス・ド・アッシュ Office de H
所在地 :
東京都港区元麻布2-1-13#106
設 立 :
2011年7月
webサイト :
http://officedeh.com/
お問い合わせ :
info@officedeh.com
代 表 :
東出菜代 Nayo Higashide
代表プロフィール

1978年 石川県生まれ。
2001年 慶応義塾大学卒業後、渡仏。
ソルボンヌ大学修士号取得後、エコール・ド・ルーヴル博物館学修了。
パリ国立近代美術館ポンピドウセンターにて研修勤務。
パリでインディペンデントキュレーターとして活動する。
2009年 帰国。
2011年 オフィス・ド・アッシュを設立。
業務内容

Webサイト「マイクロメセナ」の運営。展覧会・アートプロジェクトの企画制作。 美術品の販売・企画・制作。
美術品に関するコンサルティング業務。
micro mecenat マイクロメセナ 公式webサイト
http://micromecenat.org/
micro mecenat マイクロメセナ facebookページ
http://www.facebook.com/micromecenat
Topへ

メディア掲載実績


-2012/1/18 Greenz.jp(松岡由希子様)
旧ピエス・ユニークのサイト、第一弾プロジェク
ニコラ・リーのビデオアートをご紹介いただきました。


-2012/4/25 毎日新聞首都圏版 (杉本修作記者) 
リニューアルしたマイクロメセナと同時にご紹介頂きました。
記事を読む
サイト版 毎日新聞.jp


-2012/7/5  ソトコト8月号
特化型クラウド・ファンディングサイトとして、マイクロメセナをご紹介頂きました。


-2012/9/15  Modern Tokyo Times
増子プロジェクト(2012年9月開催)とともに、マイクロメセナをご紹介頂きました!


-2012/10  PHOTO
フランスの写真専門誌「PHOTO」にて、境プロジェクト(2012年9月開催)とともに、
マイクロメセナをご紹介頂きました!






Topへ

パートナー

マイクロメセナの活動やプロジェクトを協力いただいているパートナー団体のリンクです。

  • Room 30

    Room30 / ルーム30

    1925年代から80年代までのヴィンテージ家具やアクセサリー、絵画まで、利用者のリクエストによってオブジェを探し、見つけてくれるというコンシエルジュのような新感覚サービスroom 30。
    現代アーティストも取り扱う。

  • kcinoco キノコ

    ckinoco / キノコ

    「知ろう、作ろう、広めよう!」がモットウの、広島生まれの平和を愛するものづくりグループ。
    (過激派ではありません)

  • stagefashionmagazine

    stagefashionmagazine

Topへ